おっちゃんの30cmキューブ水槽


水槽 カテゴリーの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

購入編6

発注した物は無事に火曜日(5/28)に届きましたが、さすがに月末は仕事が少し忙しく開封して作業開始できたのは金曜日(5/31)の夜でした。
とりあえずはすべて水道水で洗って水槽にソイル(ノーマルの上にパウダータイプ)を敷いて水を入れて、濾材を仕込んだフィルターを稼働。
ところが45cm水槽にエーハイム500では水流が強すぎたので、シャワーパイプの穴を広げたり、ビリーフィルターに付属していたL字型穴あきパイプをかましたりしてなんとか水流を調整。
ところで純正の給・排水パイプはなぜこんなデザイン&色なのか・・・。釧路ではADA製品を入手することができません。
とりあえず何度か登場して結局使っていなかった紫光石を水槽の真ん中に配置して、ここまで終了するのに夜中までかかりました。

IMG_0163.jpg


次の日(6/1土曜日は)いつものホームセンターに行って、紫光石を懲りずに追加で購入。水草はグロッソ・スティグマ2ポットとロタラ・インディカを2ポットを購入しました。
前回30cmキューブで育成に失敗したグロッソに再挑戦します。今度は照明が強力だから大丈夫なはず...なのか?。
その他、20cmキューブ水槽をたたむと余るであろう水草や30cmキューブ水槽から何本か水草を植え替えました。
抜いたとき多少水が濁ったけどエビは大丈夫なんでしょうか。よくはないと思うけど・・・。

IMG_1074.jpg


モス付き流木も一瞬頭をよぎりましたが、今回はひとまず石組みで前景はグロッソ草原、後景は有茎草密集を目標にがんばってみます。(そもそも前回もそうだった...)

30cmキューブ水槽のビーシュリンプの方は、結局メスが2匹とも抱卵していることに気づきました。1回目の産卵の結果、稚エビは現在20匹くらい生存しています。また生まれたらそれくらい生き残るのでしょうか。特別工夫もしていないのにビーシュリンプの繁殖が順調なのは本当に不思議です。一度だけ親エビにつかんで振り回されて稚エビが死んだのを目撃しましたが、それ以外はどうやら平和な水槽のようです。

45cm水槽を新調したのはこの調子だといつまでたっても避難先の20cmから30cmエビ水槽にメダカを戻すことができない、と判断したためです。(たぶん親サイズのメダカから見ると稚エビはおいしいエサでしょうから)

今後はなるべく30cmキューブはエビ専用(今混泳している稚メダカもある程度成長したら追い出します)、45cmは水草&魚専用でいきたいと思います。今のところ自分の結論としては「水草水槽とエビ飼育は両立せず」です。
いろいろなアクアリストの皆さんのブログを拝見していますが、ビーシュリンプの繁殖ときれいな水草水槽を両立させているのは本当にすごいと思います。

購入編5

20cmキューブ水槽で20匹を超えたメダカの維持は難しく、今のところは犠牲が出ていませんが、今後稚メダカが大きくなるにつれヤバいでしょう、ということで(おもに嫁を説得用の理屈ですが)45cm規格水槽一式をネットで注文してしまいました。ボーナスだけが頼みの綱です。

以下今回の注文リスト。

・水槽 アクアリウムタンク キューブ C45(45×30×30cm)
・フィルター エーハイム 500 
・濾材 エーハイムサブストラット プロ レギュラー 5L
・ヒーター エヴァリス マイクロセーフ パワープラス 150
・照明 アクシー ニューツイン 450 WW球 ブラックエディション
・低床 プラチナソイル ノーマル 3L 2個と スーパーパウダー 3L 1個
・エサ えびまっしぐら 40ml

今回は今までの教訓も含めて照明は少し気張ったつもり。光量不足で買い換えるのはもうこりごりです。
二酸化炭素の添加は現在の30cm水槽用のものを転用するつもりです。エビには必要ないと判断しました。
最後のエビ用のエサはお試しで購入です。いろいろなブログ等で評判がいいので。

新たな水槽の購入に踏み切ったのは、嫁から引っ越しにダメ出し(!)をくらったのと、ビーシュリンプのメス1匹が再度の抱卵(!)をしていることを確認して30cmキューブ水槽は今後完全にエビ水槽になってしまうことが確定してしまったから。

あと、ビーシュリンプは環境変化などに弱いらしい、ということであまり水草を植え替えたりトリミングをしたりするのがためらわれることと、コケがエビのいいエサになるということでコケ掃除も積極的にできなくなったことが理由です。

このため最初に水槽飼育を始めた目標の「きれいな水草水槽をつくる」ってのを新しい45cm水槽で挑戦していきたいと思います。到着は明日火曜日の予定。ゆっくり時間をかけて立ち上げていくつもり。

誕生編3

ずいぶん久しぶりの更新。特に事件が無かった、といえば嘘になるがやはり稚エビの誕生までは更新する気になれず。
結局抱卵エビを発見してからたっぷり25日間経過して2匹のエビが産卵した。
稚エビは動きが無いので孵化したてのメダカより小さく発見しづらい。
そのうえ水草(とコケが)が邪魔でろくに稚エビの観察はできない。
マクロレンズも無いので全然見づらいけどビーシュリンプと稚エビの写真をどうぞ。

IMG_0991.jpg

何一つピントが合ってないってどういうことなの。安い機種とはいえ一眼が泣くわ・・・。
(もちろんカメラを嘆いているのではなく、撮影の腕前を嘆いているのです)

日常編8


一昨日「抱卵している気配も無い」といったな、あれはウソだ。.....

ってビーシュリンプ1匹抱卵してましたぁ。く~、テンション上がる。
ど、どうしよ。エビがふ化したら大きめの稚魚に食べられるんじゃなかろうか。以下腹案があるが。

1案 抱卵エビをサテライトに隔離する。
2案 大きめの稚魚を親メダカ水槽に異動させる。

あまりエビをいじくり回したくないので2案採用だけど、そもそも親メダカが我が子をぶっ殺しかねない勢いで追いかけ回すから親と子メダカの水槽を分けたのだが・・・。
う~ん、悩む悩む。

日常編7

レイアウトなどを大いに変更。
まずは30cm。
IMG_0881.jpg

水草を若干変更。特に前景のグロッソはほとんど引っこ抜き。コケで汚いし全然匍匐しないで縦に伸びるから。しばらくこの手の前景草は植えないことにしてみる。床床むき出しも清潔感がある。
生体はメダカの稚魚17匹とビーシュリンプ6匹。混泳に挑戦中。1週間程度になるが生体に犠牲は出ていない。
少し安定してきたが、ビーシュリンプは後景の水草に隠れがちであまり前に出てこない。抱卵している気配も無い。
稚魚は大きいものは1.5cm程度。もうすぐ雌雄の判別がつきそう。

で、20cm。
IMG_0880.jpg

30cmから水草を適当に植え替えて紫光石をど真ん中に大胆に配置しなおし。
こっちには親メダカ2匹。生体優先でエアレーションも弱めで毎時間入れる。
メダカは相変わらず毎日産卵しているが、回収しづらくなったので卵は放置気味。
どちらも大きな事件も無く安定気味。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。